Go to the contents

HAPPY GYEYANG 桂陽区, 仁川

  1. HOME
  2. 桂陽山&見どころ
  3. 桂陽山more

桂陽山&見どころ 桂陽山

桂陽山

桂陽山の紹介

Introduction of Mt. Gyeyang

桂陽山は、海抜395mの仁川を代表する鎮山であり主山だ。桂陽は起源初めから19世紀初めまで邑治が桂陽山を中心とし、西方三国時代の古県邑から始まって北方そして東方に移動し、最後に南方朝鮮時代の富平都護府邑に至るまで、六度の換遷を繰り返して発展・繁栄した。桂陽山は東の麓の峰に三国時代に築造された桂陽山城があり、西には朝鮮高宗20年(1883)に海岸防備のために富平郡の住民たちが参加して築造した衆心城が景明峴の稜線に沿って建てられていた。桂陽山は東の麓の峰に三国時代に築造された桂陽山城があり、西には朝鮮高宗20年(1883)に海岸防備のために富平부평고을の住民たちが参加して築造した衆心城が景明峴の稜線に沿って建てられていた。

桂陽山という名称は、地名の変遷によって高麗樹州のときは、樹州岳、安南都護府のときは安南山、桂陽都護府のときは桂陽山と呼ばれたのが今日に至っており、一時は阿南山、景明山とも呼ばれた。

桂陽山の名称の由来は、カツラやチョウセンヒメツゲが自生していることからつけられたといわれ、1944年1月8日、仁川市最初の都市自然公園(桂陽公園)に指定、その後、桂陽山は市が指定した第1号の公園となった。